© 2014 by 林望事務所 created with Wix.com

林 望(はやし のぞむ)

 

1949年東京生。作家・国文学者。

慶應義塾大学文学部卒、同大学院博士課程満期退学(国文学専攻)。東横学園短大助教授、ケンブリッジ大学客員教授、東京藝術大学助教授等を歴任。専門は日本書誌学・国文学。

1984年から87年にかけて、日本古典籍の書誌学的調査研究のためイギリスに滞在、その時の経験を綴ったエッセイ『イギリスはおいしい』(平凡社・文春文庫)で91年日本エッセイスト・クラブ賞を受賞し、作家デビュー。『イギリスは愉快だ』(平凡社・文春文庫)、『ホルムヘッドの謎』(文芸春秋)と並ぶイギリス三部作はいずれもベストセラーとなって、イギリスブームの火付け役となった。『ケンブリッジ大学所蔵和漢古書総合目録』(P.コーニツキと共著、ケンブリッジ大学出版)で92年国際交流奨励賞、『林望のイギリス観察辞典』(平凡社)で93年講談社エッセイ賞を受賞。学術論文、エッセイ、小説の他、歌曲の詩作、能作・能評論、自動車、古典文学等著書多数。また声楽を学んで、バリトン歌手としても多くの舞台を踏むほか、「重唱林組」「The Golden Slumbers」を主宰して内外の重唱曲を演奏、バスパートを担当。オペラ『Maborosi』(二宮玲子作曲)を作劇したほか、合唱組曲『夢の意味』『あめつちのうた』等(上田真樹作曲)、演劇的組歌曲『悲歌集』、歌曲集『English winds』等(野平一郎作曲)、歌曲『あんこまパン』歌曲集『ゆけ、わが想い』等(伊藤康英作曲)を始めとして、多くの歌曲・合唱曲の作詩でも知られる。また観世流二十六世宗家観世清和師の作能にて『聖パウロの回心』を作劇。ほかに新作能『仲麻呂』『黄金桜』等がある。『謹訳源氏物語』全十巻(祥伝社)で2013年毎日出版文化賞特別賞受賞。2019年『(改訂新修)謹訳源氏物語』(祥伝社文庫)全十巻。ほかに、『往生の物語』(集英社新書)『恋の歌、恋の物語』(岩波ジュニア新書)等古典の評解書を多く執筆。『旬菜膳語』(岩波書店・文春文庫)『能よ 古典よ!』(檜書店)『リンボウ先生のうふふ枕草子』(祥伝社)、詩集『夕暮れ巴水』(木版画川瀬巴水、講談社)『巴水の日本憧憬』(木版画川瀬巴水、河出書房新社)、詩集『新海潮音』(駿台曜曜社)、句集『しのびねしふ』(祥伝社)、『謹訳平家物語』全四巻(祥伝社)等多数。